ランドマーク:教会 / 大聖堂

ドイツ
7. リンブルグ(Limburg)[市内観光]木組みの家が立ち並ぶ中世の町

リンブルグの旧市街は、第二次大戦の空爆をまぬがれ、中世の面影を色濃くのこしているエリアです。心の赴くままに散策するのが楽しい町だと感じました。 この旧市街には、ドイツ最古の「木組みの家」が遺っています。また、鮮やかな彩色 […]

続きを読む
オランダ
マーストリヒト(Maastricht)[歴史散策]オランダ南端の町で中世にタイムトリップ

マーストリヒトを日帰りで観光してきました。歴史をを誇るバジリカ「聖母教会」と「聖セルファース教会」は、ロマネスク様式の教会堂(中世のたたずまい)です。13世紀から遺る南のシティゲート「地獄の門」と、絵画のようなマース川の […]

続きを読む
オランダ
セルトーヘンボス('s-Hertogenbosch)ヒエロニムス・ボス美術館、聖ヤン教会、北ブラバント博物館

ヒエロニムス・ボス・アートセンターを目指してセルトーヘンボスへ行ってきました。ヒエロニムス・ボスが描くシュールな世界観は意外にも500年もの昔に描かれたものでした。近代アートに通じるものがあり、その影響力を改めて感じまし […]

続きを読む
オランダ
ブレダ(Breda)[歴史散策]オランダ王家ゆかりの地

先日、オランダ南部・北ブラバント州の町ブレダへ行ってきました。 ブレダはオランダ王家ゆかりの地…とは聞いていたけどどんな由縁があるのか、八十年戦争では2度に渡ってスペインに占領され、近代においてはドイツ占領下にあったとこ […]

続きを読む
オランダ
ナイメーヘン(Nijmegen)[歴史散策]オランダの古代と中世の面影が遺る街

先日、オランダ東部・ヘルダーラント州の町ナイメーヘンへ行ってきました。ナイメーヘンはドイツとの国境近くに位置し、古代ローマ帝国の北端であり、中世には神聖ローマ皇帝がたびたび訪れた地です。第二次大戦では、あろうことか同盟連 […]

続きを読む