登山口

こんにちは。なかしま です。

山歩きと観光を目的に、ドイツはラインラント=プファルツ州のコブレンツの周辺へ行ってきました。

「ライン川クルーズ 古城を巡る旅」などと題されたツアーがあるくらい、古城の多いライン川とその支流。それぞれの河川の両岸に連なる山にはハイキングコースが整備されています。

この旅行記では ハイキングコースの地図と公式ウェブサイトを紹介 しているので、これから旅行する人の計画の参考になれば幸いです。

旅行中は、予約していた長距離列車の運行がキャンセルされるトラブルもありました。このようなときは駅の窓口で対応してもらいます。

思い出保存と情報共有を兼ねて旅行記を綴ります。

適宜、読み飛ばしてくださいね。

本編…汎用的な情報 | …歴史のこぼれ話 | …個人的な感想文 | …行き方や公式サイトの案内

旅の目的

日帰りハイキング と 観光

ドイツ西部を南北に流れるライン川の中ほどに、都市コブレンツ(Koblenz)は位置しています。ここは2本の支流、モーゼル川とラーン川が合流する地点でもあり、周囲を低山に囲まれていて、川に沿ったハイキングコースが整備されています。

このハイキングコースの魅力は、コースに点在する古城の数々。お城の形もユニークでおもしろく、観光客でにぎわっている城や城跡のほかにも、観光客には開かれていない城や、捨て置かれた廃墟もあります。

本格的なハイカーさんは、全長数百キロに及ぶコースを宿泊しながら制覇するようです。でも私たちの場合は、拠点を定めてそこから往復する荷物少なめの「日帰りハイキング」です。道中の観光にも時間をつかいました。

旅した国と地域

ドイツ

国:ドイツ

地方: ラインラント=プファルツ州(Rheinland-Pfalz)
市町村: コブレンツ(koblenz)ラーンシュタイン(lahnstein)バートエムス(bad ems)ナッサウ(Nassau)ミューデン(Müden)ヴィアーシェム(Wierschem)モーゼルケルン(Moselkern)ザンクトゴアール(st-goar)ザンクトゴアールスハウゼン(st-goarshausen)

地方:ヘッセン州(hessen)
市町村:リンブルグ(Limburg an der Lahn)

地図

実際の行程・費用・持ち物

行程:7泊8日

曜日行程
1. オランダからドイツへ[移動日]列車が大はば遅延 アムステルダム ⇒ コブレンツ
予約列車の運行キャンセルのため4時間の遅れ
2. ラーン川沿い(Lahnwanderweg)[ハイキング in ドイツ]バートエムス ⇒ ダウゼナウ ⇒ ナッサウ城
ラーン川沿いのハイキングルートを10km歩く
3. エルツ城(Burg Elts)[ハイキング in ドイツ]ミューデン 駅 ⇒ エルツ城観光 ⇒ モーゼルケルン駅
モーゼル川沿いのハイキングルートを10km歩く
エルツ城の観光
4. コブレンツ(koblenz)[市内観光]旧市街とエーレンブライトシュタイン要塞
定番の観光ルートを歩く
5. コブレンツの南(lahnstein)[古城紹介]お城&お城型の宮殿
雨天につき休養、テンプル騎士団の話など
6. ザンクト=ゴアール(st-goar)[ハイキング in ドイツ]古城と渡し船
ライン川沿いのハイキングルートを5km歩く
ライン川沿いの遊歩道を4㎞歩く
ラインフェルス城跡の観光
7. リンブルグ(Limburg)[市内観光]木組みの家が立ち並ぶ中世の町
中世の町の路地を縦横無尽に歩きたおす
8. コブレンツ ⇒ アムステルダム[散策・鉄道]
朝霧の遊歩道を散策
またしても予約列車の運行キャンセル

費用総額(ふたり)

交通費自宅⇔現地:124 EUR
現地交通費:143 EUR (70 EUR 弱節約可
宿泊費アパート宿:460 EUR
外食費カフェ&レストラン:380 EUR
自炊費朝食&弁当:50 EUR
遊覧費入場料など:70 EUR
土産等の雑費ワインほか:30 EUR
合計およそ:1260 EUR

持ち物(ひとり)

必須パスポート、IDカード、鉄道切符(印刷)
必需現金、クレジットカード、保険証、スマホ、鍵
備品カメラ、充電器(ケーブル)
衣類半そで、長そで、ゴアテックスジャケット、パジャマ、下着、靴下、タオル、常用靴
バッグバックパック(30L+)、折りたたみリュック、ショルダーバッグ、買い物用エコバッグ
日用品タオル、歯ブラシ、歯間ブラシ、歯磨き粉/ジェル、化粧ポーチ、日焼け止め、サプリメント
移動日の装い登山靴(荷物にすると嵩張るので)
忘れ物サロンパス

旅した人

一組の四十路夫婦(オランダに居住中)

  • トオ子…日本育ち。20代の頃に一瞬だけツアコンを経験。方向音痴。
  • チャジュ…イギリス育ち。三度の飯が欠かせない。方向感覚あり。

交通

長距離列車

アムステルダム ⇔ コブレンツ

費用

NS International ウェブサイトで購入。切符は3ヵ月前から発売され、早いほど(予約数が少ないほど)安い。

1人あたり

  • 往路(土曜)
    • 往路 2等車:€ 23.45(運賃€19.45+指定席€4.00)
  • 復路(土曜)
    • 復路 1等車:€ 37.90 (運賃€27.90+1等車€10.00)

  関連記事  切符のオンライン予約:アムステルダムコブレンツ

運行キャンセル

予約していた列車の運行がキャンセルされるトラブルが、往路・復路ともにあった。遅延やキャンセルが発覚した時点で、駅の窓口へ急ぎ、代替え列車の案内を受けた。

  関連記事  アムステルダムでの手続き(オランダ鉄道)

  関連記事  コブレンツでの手続き(ドイツ鉄道)

地域交通

ドイツ鉄道DBのウェブサイトで、出発駅・到着駅・旅行人数および年齢を入力すると、検索結果に「To offer selection」というボタンが表示される。これをクリックすると、入力した条件に適用可能な割引切符の一覧を見ることができる。

  関連記事  2名で ほぼ半額! 3名~5名なら、さらにお得

宿泊

ドイツ:ラーンシュタイン

滞在拠点にしたのはコブレンツの少し南に位置する町、ラーンシュタイン。

  • 宿:Ferienwohnung Im Mückenberg 4
  • 日数:7連泊
  • 料金:€ 460

  関連記事  日帰りハイキングに便利な立地、ラーンシュタイン

食事

外食

ラーンシュタイン(Lahnstein)

ダウゼナウ(Dausenau)

エルツ城(burg Eltz)

コブレンツ(Koblenz)

ザンクトゴアール(St. Goar)

リンブルグ(Limbrug)

自炊&テイクアウト

アムステルダム(Amsterdam)

ラーンシュタイン(Lahnstein)

ザンクトゴアールスハウゼン(St Goarshausen)

  • スーパーマーケット:REWE

便利ツール & 情報ウェブサイト

交通機関

ツーリストオフィス

ハイキングコース

ラーン川沿いのコース(Lahnwanderweg)

  関連記事  ハイキング:バートエムス(Bad Ems)⇒ ダウゼナウ(Dausenau)

  関連記事  ハイキング:ダウゼナウ(Dausenau)⇒ナッサウ(Nassau)

ライン川本流西沿いのコース(Rheinsteig)

  関連記事  ラインフェルス城跡

  関連記事  シュトルツェンフェルス城

ライン川本流東沿いのコース(RheinBurgenWeg)

  関連記事  ハイキング:ザンクトゴアールスハウゼン駅 ⇒ マウス城

モーゼル川沿いのコース(Moselsteig)

  関連記事  ハイキング:ミューデン駅 ⇒ エルツ城 ⇒ モーゼルケルン駅

ハイキングルートプランナー:Outdooeactive

ウェブサイト:https://www.outdooractive.com/
アプリ:Android / iPhone

日照時間を調べる:Timeanddate

ウェブサイト:https://www.timeanddate.com/sun/germany/koblenz

ドイツを味わう

ドイツを味わい尽くそう 鮮魚辞典

その他

FFP2マスク

2021年9月に旅行したので、コロナ感染対策が大切でした。

ドイツでは「FFP2マスク」を着用している人がほとんどでした。このドイツ旅行で初めて知ることになった「FFP2マスク」。医療用マスクが他者への感染を防ぐだけなのに対し、FFP2マスクは自分への感染率も軽減できるそうです。

FFPとは、粉塵やエアゾルを濾過するための欧州の基準だそうで、詳しくは次のURL(日本語)にまとめられています。ドイツニュースダイジェスト:http://www.newsdigest.de/newsde/column/doctor/11804-1141/

旅行を決めるまで

コロナワクチンの接種を終えて一定期間が経過した夏、旅行に行くことを決意し、鉄道の切符を購入しました。私たちは今、オランダに居住中です。怖がりなので、コロナが流行して以来、私たち夫婦の行動範囲はスーパーマーケットと自宅と公園だけでした。

でもやはり日本と違う。ロックダウンが解除されると、ランチやカフェのお誘いを受けるようになりました。ワクチン接種が終わるまでは…とお断りし続けたけれど、ワクチン接種を終えると、もう断る理由がありません。断り続けては社会から取り残されそうでした。

レストランでランチし、カフェでおしゃべりし、ご近所さんと寿司づくりにまで繰り出しました。この夏に行ってきた国外旅行の話などを聞いていると、私たちもなにかフッ切れたのです。それならばと、冬が来る前に、旅行に行くことを決めました。